まったり営業中〜 しかし閑散としすぎてる気がする ^_^;

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
鼻責め小説【二次創作・アニメ】

1 :名無しさん@ご主人様:2008/07/30(水) 12:17:39 ID:a29EpKKo

基本:アニメ、ゲーム、エロゲ、の(広い意味で)鼻責めの入った二次創作小説

■ ルール ■

原作者を尊重しましょう。
関係者からの削除の要望があれば削除します。
他のところからの許可なき転載は止めましょう。
作者の方にはやさしく。
コメントは作者の力になると思うから、積極的に。
パクリはダメ!

◎元ネタとヒロインの名前とか書くの推奨

以下の作品の二次創作は避けて下さい。
・アメリカネズミ
・Leaf/AQUAPLUS(エロゲメーカー)
・任天堂関連

 ※ その他まずいものは、掲示板内で指摘したり教えて下さい


2 :ZUNU:2008/07/31(木) 00:47:37 ID:jwz5ab5Q
記念にいきなりエグイの貼ったらドン引きだよなあw
しかし貼る。

【グロ注意】   【ネタ元】 聖戦士ダンバインより 【キャラ】 シーラ・ラパーナ      【グロ注意】

*****磔虜囚 無残シーラ・ラパーナ聖処女王 顔面崩虐・鼻孔陵辱*****

聖処女王と謳われたシーラ・ラパーナも今は囚われの身となり、
戦の責を問われる為の裁決を待つ虜囚である。
王族としての立場をおもんばかった扱いなど受けることも出来ずに
すでに拘束が解かれることのない一週間が過ぎた。
両手首、両足首を鎖に繋がれ左右に牽き拡げられるという屈辱的な姿である。
王宮から引き摺り出された日より着の身着のままの純白のドレスもその輝きをくすませて来ている。
そのあられもない姿を 今や大国と成ったドレイクの居城の城下、民草の集まる大広場に晒し続けていた。
この城下の市民達は見目麗しい若き女王の磔を見ようと日々広場へと集まって来ていた。
それら見物人の盛り上がるイベントは日に二回与えられる食事姿と、不定期に起こる排泄行為であった。
食事とはいえ繋がれたまま与える為、ドロドロに食物を溶かした粘液状の流動物を
無理矢理流し込むという乱暴なものである。
その日の朝も乱暴な食事がシーラ・ラパーナに対して行われた。
早くも見物人が磔台座の周りに詰め寄りはじめる。
まだ齢十七歳のうら若き乙女はこの一週間に及ぶ磔拘束にも女王としての気位を失ってはいない。

3 :ZUNU:2008/07/31(木) 00:50:03 ID:jwz5ab5Q
しかしそれ故に刑罰人も見物人もこの行為を楽しみ抜けるという皮肉を生んでいた。
「くっ!!」
シーラ・ラパーナの優しげな顔が凛々しく引き締まり刑罰人を睨み付ける。
「お美しい聖女王様、どうぞお食事を召し上がりください」
刑罰人は恭しい台詞をニヤニヤと笑いながら話だす。
シーラ・ラパーナは歯を食い縛り顔を背け、己の矜恃を守る為強情を見せる。
「シーラ様、お食事をして頂けねば私めが罰を受けてしまいます、私めを憐れと想うのでしたら
そのお口を大きく開きこのシチューを残らず飲み干して下さいませ」
しかしシーラ・ラパーナは強情を続け刑罰人の相手をしようとはしない。
見物人達から「無理矢理食わせろ!」などと囃す声が上がる。
「仕方が無い。これも私めのお役目です。失礼の程はご容赦下され」
敬う言葉とは裏腹な笑いを浮かべると、刑罰人は太く短く毛深な人差し指を
シーラ・ラパーナの可憐な唇に突き込んだ。
「ん、ふぅっっ!!」
幾ら固く食い縛ろうとも唇の締め付けなどたかが知れている。
引き絞った唇は容易く貫かれ、指の侵入を許した。

4 :マスターノーズ:2008/07/31(木) 00:50:13 ID:FdBIIKDQ
おっ新作だ!
因みに私とZUNUさんは面識ある友人で、普段からよく話してます。
そういう前提でのモノ言いと思って頂ければw

5 :ZUNU:2008/07/31(木) 00:52:20 ID:jwz5ab5Q
マスターノーズさんに苦情が行くと直で伝わりますw

6 :ZUNU:2008/07/31(木) 00:57:39 ID:jwz5ab5Q
刑罰人も慣れたもので「さあ!大きく口を開いて見せましょうね!」と見物人に良く見えるよう
シーラ・ラパーナの顔を前に向かせ、鈎のように曲げた指で唇を引き延ばす。
間の抜けた情けない顔が遮る物のない広場に晒される。
さらにもう一方の唇の端も指を掛けられ引き延ばされる。
シーラ・ラパーナの美顔が間抜けに歪み、見物人達の爆笑を誘う。
「ひ…ぎぃ…!!」
素の容貌が美しく可憐なだけにわずかに崩れただけでも滑稽に見えるシーラ・ラパーナの顔である。
さらに容姿に劣る刑罰人に好きなように弄られる様は滑稽さだけではなく強姦のような陵辱を連想させる。
見物人の男達は美少女の変顔に股間を腫らし、女達は美しい故に妬ましい少女の無様な姿にほくそ笑む。
可憐に色づく唇にシーラ・ラパーナの性器を重ねた見物人も多いことだろう。
「ひうぅぅっ!!いひぃぃっ!」
さらに一本、さらに二本と指先が口の中にねじ込まれていく。
その度にシーラ・ラパーナの唇が拡張され顔面が大胆に歪み滑稽の度合いを増してゆく。
両手それぞれ四本の指が唇の端を捉えると、
美しい顔の輪郭を破壊し口腔を晒してその唇が拡張されきっていた。
食い縛った白く輝く歯を奥歯まで覗かせ、ピンク色の歯茎と頬の内側すら衆目に晒されtる。
「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ…!ひぃぃぃぃぃぃぃ!」
己が受ける恥辱を衆目に晒された無様な自分を想いすすり泣くシーラ・ラパーナ。
「さあさ、強情をはらずに口を開いて下さい。ああ、拡がりきった唇ではなく顎をですね
食い縛った歯を解いて、こう!ガバッと!!喉の奥が覗けるくらいに!」
刑罰人はさらに喉奥までさらけ出すよう命じてくる。
「鼻の穴を塞げ!」常連の見物人が囃し出す。
「これはこれは名案、息苦しければ顎の力も弛もうというものです」
刑罰人がこれにのる。この一週間繰り返された屈辱行為でもある。

7 :ZUNU:2008/07/31(木) 01:00:37 ID:jwz5ab5Q
刑罰人の助手共が蜂蜜をたっぷりと塗ったコルク栓を運んでくる。
これまでの日々と違うことがあるとすれば太さと長さ、そして形であった。
「シーラ様、連日の挿入で今までの栓では抜けやすくなってきていますので一工夫致しました」
確かに先日までのコルク栓とは違う形にシーラ・ラパーナは戦慄を覚える。
あれが、自分の鼻孔に突き込まれるという事実に。
それまでの細い円柱形とは違いわずかに反りのある棒状になり、その先端には膨らみと反しが有った。
奥までねじ込めば反しの部分が鼻腔奥に引っかかる作りなのだろう。
その形は誰の目にも小型の男性器を思わせた。
しかし太さは刑罰人の親指程もある。
幾ら連日拡張され続けた鼻孔とはいえ、シーラ・ラパーナの可憐に開く鼻の穴には太すぎる一物である。
聖女王と謳われ、その可憐な美しさは遙か遠国まで伝えられる美少女が
その象徴ともなる顔を好いように弄られ歪め崩され、ここにきて鼻の穴まで犯されようとしていた。
「さあ、シーラ様。鼻の穴の力を抜いてくださいませ」
口の両端を助手に譲ると器用に鼻栓を掴み、シーラ・ラパーナの背後に回り込む。
「シーラ様、鼻栓を挿入しやすいよう鼻をめくり上げさせてもらいますよ」
無情にも背後から鼻先に人差し指を添えて鼻を捲り上げる。
「いいぞ!ブタ鼻聖女王だ!」「鼻毛が丸見えだぞ!シーラ・ラパーナ!」次々と囃し立てる声が上がる。
めくり吊り上げ潰れた鼻は開いた二つの呼吸腔を露わにし、あまつさえ普段より拡がってしまう。
正面から見れば鼻毛に覆われた鼻の穴の肉壁と、さらに奥の黒く穿たれた空間まで覗けてしまう。
排泄物を喰らう惨めな家畜のブタのような顔に変形したシーラ・ラパーナ。
惨めに歪められたブタ顔に男根型鼻栓が嬲るように向けられる。
「はひゃぁ…やへへぇぇ…やれぇぇえへぇぇぇえ…!」

8 :ZUNU:2008/07/31(木) 01:08:29 ID:jwz5ab5Q
うーんちと見づらいかも

9 :マスターノーズ:2008/07/31(木) 01:11:45 ID:FdBIIKDQ
確かに他のスレは 改行しない方が見易いですね。 
けど小説は改行ないと見辛いですね ^_^;

10 :ZUNU:2008/07/31(木) 01:13:41 ID:jwz5ab5Q
>けど小説は改行ないと見辛いですね ^_^;
とりあえず 全部読む で別窓開けば多少いける…かな?

11 :マスターノーズ:2008/07/31(木) 01:14:18 ID:FdBIIKDQ
で、さっき裏で文字制限に引っかかってるとZUNUさんに言われたんで
文字制限を増やしました。
次回からは、小説は改行推奨。 他は基本改行ナシで。


12 :マスターノーズ:2008/07/31(木) 01:16:10 ID:FdBIIKDQ
>> 10
色変えるのこうじゃないの? アンカー使って? 

13 :ZUNU:2008/07/31(木) 01:18:52 ID:jwz5ab5Q
>> 12
無理

14 :マスターノーズ:2008/07/31(木) 01:27:02 ID:FdBIIKDQ
色変えるの調べておきますね。
小説は今日はコレで終了らしいです。投稿ありがとでした ^(〃▽〃)^
みんなどうですかね?  引いてますかねww

15 :ZUNU:2008/08/02(土) 02:15:01 ID:kn5xmLug
輪郭すらとどめない程に拡張された口腔から哀切に満ちた懇願が漏れ出す。
陵辱こそが目的故、当初の目的など何の意味も持たない。
シーラ・ラパーナがいかに惨めに穢されて往くかこそがこの公開磔の場である。
鼻栓が右の鼻孔に当てられるとグリグリと音が聞こえそうな要領でゆっくりとねじ込みはじめる。
「あひゃぁ!はひひっ!ほへぇぇぇ!」
気位をかなぐり捨てて悲鳴を上げるシーラ・ラパーナ。
叫び身悶えるその姿には、もやは一国の女王としての威厳もかけら程もない。
左の鼻孔からは鼻汁をダクダクと垂れ溢しながら押し開かれた右の鼻孔は、
しかし驚くべきことに無理と思われた太さの鼻栓を飲み込みはじめていた。
これまでの鼻孔拡張責めで鼻の穴が弛みやすくなっていたのか?蜜に秘薬が練り込んであったのか?
シーラ・ラパーナの顔面もプライドも破壊しながら偽男根は鼻孔陵辱していく。
「あああ、っあへぇっ!!」
シーラ・ラパーナの容姿に似合わぬ間抜けな悲鳴が上がり、白目を剥くと偽男根は鼻孔の最奥まで到達した。
刑罰人が人差し指を離してもめくれ上がったブタ鼻は元に戻らず吊り上がったまま恥辱を与えている。
鼻孔姦での恥辱と鼻奥からの激痛により失神したシーラ・ラパーナの壊れた顔を見て
見物客は昂揚した様子で「鼻の穴でイキやがった!」「かわいい顔してなんて変態だ!」
「すげぇアヘ顔!あんな顔で良く威張ってられるなあ!」などと好き好きに囃し立てる。
それもそのはず、シーラ・ラパーナの美顔は今や跡形もなく、左右に大きく拡げられ顎の力も抜けて
喉奥まで晒した口からだらしなくピンク色の舌をはみ出し垂らし、ブタ鼻にめくれた左の鼻穴からは
太く氷柱った鼻汁を垂れ伸ばし、ブラブラを揺れている有様である。
さらに凛々しく意志を込めたその瞳は今やひっくりがえり半眼に開いた目のわずか上辺にのぞかせるのみであった。

16 :ZUNU:2008/08/02(土) 02:16:32 ID:kn5xmLug
いやあw
改行規制厳しいw

17 :名無しさん@ご主人様:2008/08/02(土) 02:36:00 ID:???
まだ厳しいかぁ。 スレごとに変えれればいいんだけど ^_^;

18 :名無しさん@ご主人様:2008/08/21(木) 22:20:40 ID:K8j/qV9Y
ZUNUさんの小説おもしろいです
もっと読みたいなあ

19 :ZUNU:2008/08/25(月) 09:14:27 ID:???
>ID:K8j/qV9Yさん
ありがとうございます
近々続きをUPしますねー

20 :名無しさん@ご主人様:2008/08/25(月) 13:13:45 ID:???
>>19
拡張してどんどん大きくしてしまう設定って凄く萌えます。楽しみにしてます。

21 :名無しさん@ご主人様:2008/08/25(月) 20:21:25 ID:+uieM8Bw
素晴らしいwww
シーラ様の情けない悲鳴がなんとも
刑罰人、今すぐ俺と代われ!!!

22 :ZUNU:2008/08/26(火) 01:49:54 ID:???
*********************閑話休題*********************

美貌をもてあそばれ卑しめられるシーラ・ラパーナ
かつて自国の愛する民の目前で、かつての敵兵らの衆目の只中で
娯楽を供する為だけに鼻の穴まで拡げられた顔を見せ物にされる屈辱
敗者故の容赦ない責め苦に理性も打ち棄てた惨めな叫びを響かせる
かつて高貴さを欠片も残さずシーラ・ラパーナは堕ちてゆく…。

*********************それでは続き*********************

23 :ZUNU:2008/08/26(火) 01:54:56 ID:???
「おや、おや、シーラ様お休みの時間ではありませんぞ?」
滑稽ぶって刑罰人が話しかけるとシーラ・ラパーナの口から垂れた舌を無造作に掴み、引いた。
「ぇえええっげぇええええええええええええええええ!!!!!」
左右の目がグルグル回りながら焦点を戻す。
そのシーラ・ラパーナの珍妙な反応に見物人から喝采と爆笑が上がる。
「あえっ!あえっ?あえうっ?」
「シーラ様、もう一穴残っていますぞ?」
絶望的な宣告であった。
「ひゃげええええええええええええっ!!!」
刑罰人はもう一方の偽男根を残った左の鼻の穴に当てると、今度は容赦無く一気に突き入れた。
「べぎゃあああああっあああっああああああ!!!!!!!!!!!!!」
磔にされたシーラ・ラパーナの身体が電気に撃たれたようにビクビクと痙攣する。
凄まじい力が身体を左右に牽き拡げる鎖に掛かりガチャガチャと音を鳴らす。
しかしそれは数瞬で終わり、ガクリと力が抜けて失神した。
「こいつ漏らしやがった!」見物人の誰かが指摘する。
シーラ・ラパーナの拡げられた足の間辛うじて絡みつくドレスの裾を濡らしながら黄色い液が吹き出している。
あられない失禁姿まで晒したその顔は、もはや強制的に口を引き拡げなくともだらしなく口を開け
あまつさえ力なく舌を垂らした弛んだ表情に、偽男根を挿入され拡張しめくれたブタ鼻のまま、
白目を剥いているという凄絶な破壊顔を形作っている。
しかしそれで終わったわけではない。
「さて、この強情な口もやっと開いてくれたことですし食事にしますか」
そう言って刑罰人が持ち出したのは凶器のように赤黒い鞣し革を幾層にも重ねたホースであった。
あろう事か太さは女の腕程もある。
しかもその先端は鼻穴に挿入された偽男根のように膨らみ、これもまた男根を起想させる形である。
刑罰人はシーラ・ラパーナの鼻穴から突き出た偽男根の端に指を添えるとグイッと顔を上向かせた。
力なく弛みきった口がさらに大きく拡がり、ホースを突き込んでも受け入れられそうな気配になる。
「さあ、亡国の女王陛下見目麗しきシーラ様のお食事ですぞ!」
そう口上を述べた刑罰人はホースを口元にあてがうと一気に突き込んだ。
「うごおおおおおおおおおおうおっ!!ごええええええええええぶ!!ぶぎょおおおおお!!」

24 :ZUNU:2008/08/26(火) 01:57:56 ID:???
ホースに噛みつき食い縛ってその侵入を防ごうとするシーラ・ラパーナだが、しかし
すでにそのホースの先端は食道に到達しもはや生半可な抵抗など無意味な程に挿入されている。
「ごぶぶぶぶぶぶぶぶぶえええっっっ!ぼびゅ!ぼびゅ!ぼびゅ!ぼぎゃ!」
首を突き出し唇を窄め必死の形相でホースを吐き出そうとするシーラ・ラパーナ。
かつての聖処女王たるシーラ・ラパーナを知るものが見れば、その見目振る舞いの差違に
めまいを覚える程に悲惨な有り様である。
刑罰人は更なる奥へとホースを送り込む為に激しいピストン運動を行い、
その激しい出し入れの動きはシーラ・ラパーナの食道肉壁に激しい摩擦と刺激を与える。
ぶびゅっ、ぶびゅるー!。ぐっちゅっ!、じゅぼっ!、ぎゅぼっ!、びゅぶぶぅー!、ぼぎょ!
厭らしくも間抜けに湿った音を響かせる美少女だったモノの肢体が艶めかしく蠢く。
「ギョォョョョョョョォゥェウエェェェェベブブギョバォォォォォゴゴベベベベベベベベ!!!」
すでに悲鳴にすらなってはいない、しかし苦痛と悲哀とを訴える惨めな音が喉奥から鳴り響く。
「ブギョロロォォッ!!!!」
ホースが胃に到達したのだろう、苦悶の叫びが一段落し、身体が痙攣をはじめる。
「ボボオゥギョー!オギョッ!ギョブッ!」
悶絶し全身を震わせるシーラ・ラパーナの有様をまるで意に介すことなく、
刑罰人は冷たく残酷に言い放った。
「さあ、お食事を頂きましょう? シーラ様」
ひょっとこのように窄めた唇を突き出し、間抜けな顔も気に病むことなく
必死にホースを吐き出そうとするシーラ・ラパーナへ大量に用意された粘液状の流動食が流し込まれた。
「ゴビョオオオオオオブブブブブブッブベベベベベベババボボボボボボボ!」
胃袋に詰まっていた空気すら逆流させて食物という名のゴミ屑が流し込まれる。
一瞬で腹のあたりがパンパンに張り出し、口の端から何ともいえぬ色の泡が漏れ零れる。
鼻穴に突き込まれていた偽男根が、プンッ!とはみ出し、そこからも混濁した色の泡状のモノを吹き出した。
「ギョモモモモモモーーーーーーーーッ!!」
断末魔のような苦悶の音が喉奥から漏れると、シーラ・ラパーナの身体が激しく脈打ち、
ガクリと脱力し動かなくなった。

---------おわり--------

25 :ZUNU:2008/08/26(火) 02:35:43 ID:???
さてーなんちゃら妄想小説をマスターノーズさん以外にも公開しちゃったわけですが
お楽しみいただけたでしょうか?
他にもエグイのいっぱいあるんですが、様子見で自主規制中
やはり妄想小説はお気に入りのキャラで書くので基本原作拠準
思い入れがあった方がやっぱ書きやすいですね。
書いた小説をsmoopyとか扉〜とびら〜とかのテキストビューワーに放り込んで
縦書き状態で読んでいます。

他の方々の妄想小説も読みたいので皆さんも是非投稿して下さい。

26 :ZUNU:2008/08/26(火) 02:43:52 ID:???
遅くはなりましたが
ID:???さん ID:K8j/qV9Yさん ID:K8j/qV9Yさん
応援ありがとうございます。
シーラ・ラパーナの物語は幾つか書き溜めておりますので、様子見ながら公開するかもしれません
全くの新作書いた方が確実かもしれないですが(内容が過激なので…)
エロ、グロ、鼻責め、顔面崩壊、拷問、陵辱、碌でもないキーワードで埋まってます

ところでこの掲示板、IDが???と言うのが多発してますね
自分もそうですが匂ひさんも別スレで???になってました。
ひょっとして仕様???


27 :最高です:2008/08/26(火) 23:22:20 ID:???
ZUNU様のエグイ小説たくさん読みたいです

28 :ZUNU:2008/08/30(土) 23:53:04 ID:???
>27さん
ありがとうございます。
出すか出さないかは自己判断で迷惑の掛からない範囲でやっていきたいと思います

29 :名無しさん@ご主人様:2008/09/01(月) 14:11:38 ID:ouxy6QUU
迷惑と感じるような人は此処にはいないと思いますよ
がんがってください

30 :ZUNU:2008/09/08(月) 06:11:25 ID:???
>29
微妙な力加減でがんばりますw
自分で書いたSSや絵より人が書いた物の方がワクワクドキドキ度が高いんですよね
他の方が書いたSSも指標にしたいし読んでみたいので他の方もUPしてくれると嬉しいです

15KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24